国内宿泊

食品会社をを転々として

なかなか上手くいかない仕事ばかりに、昨年までカット野菜の仕事をやっていた中で、同じ食品の仕事につくものの、野菜から精肉、製麺など 違った職人会社に移る

 

食品が違う、作業工程の流れたが違うそれだけで戸惑いを受ける。 食品だからやることは同じだろうと思っていると、似たような所はあるにせよ、実際に入ってやってみると 似たようなところが丸っきりできない、 包丁をつかう、野菜、精肉、生鮮といっても包丁の種類や使い方も異なってくる

 

カット野菜の包丁に至っては、使う包丁は一般的な万能包丁で普段使う包丁の使い方で切ることはかんたんだけど 精肉、生鮮となると万能包丁を使って切るのとはまた違うようで

 

食品工場をそれぞれのイメージで考えて、たまにテレビで見るもの工場見学などみるものも違うもので 機械メインで人間はただ立って見ているような感じのものでもなかったりする。 それぞれの食品工場で長く働いている者たちの考え方だと、自分たちのやっている作業内容が当たり前となってしまう

 

食品工場で働くイメージで、今は機械がメイン、食品を自分の手で切るイメージはない 逆に、人間が動いて切って作業する考えから機械がメインで動くものでも作業のやり易さやりにくさは、業種によって戸惑ってしまう。 自分が野菜を切ったり洗ったりしてきた作業をしてきた中で機械仕事は

何をやればいいのかが分からなくて戸惑ってしまう。肉を切ることにいたっても野菜を切るのとはまたちがうので上手く切ることが難しい作業となってしまう。 再就職、今時のイメージが強い現代社会では、今時、人間が作業をすることはありえないところもあるだろうが。

 

機械メインのところもあるのだろうが、人の手がメインのところもたくさんある。 機械メインでも人の手がメインであっても、作業の内容や規則などは会社よってことなるところがあるので それを理解してなれるまでには時間かかる、自分ができることを見つけるのもまた大変。

 

みっともない41歳、ニート以下の人生

40歳を過ぎて、自分があまりにもいまみっともないことをしている。

昨年2017年4月15日に6年間働いた仕事を辞めてから、今日までの1年間がみっともないことで、同年3月から一人暮らしを6年ぶりにはじめたことが裏目に出てしまうはめになってしまった。

 

タイミングが悪かったと言えばタイミングが悪かった。

 

仕事を辞めてから2018年5月1日までの間、なかなか上手く再就職、アルバイトなどしての仕事が上手くいかなかったこと、家賃などの支払いが困難に陥ってしまった。

 

20代頃の仕事探しはしていたものの、自分はニートをしていた、就職、アルバイトなどどのくらい繰り返したかを数えると数えきれないほど繰り返した、昼夜の逆転生活、テレビゲームに明け暮れるような毎日を送っていた引きこもり生活

 

似たような生活を送ってしまっていた・・・。

 

仕事は直ぐに決まったもの左手の中指を怪我をしたことで1日で退職するはめになってしまった、そのあと失業保険の手続きなどをまだ行っていなかったので、手続きを行って失業保険を得られるようにして、パート契約だったので最初の認定日まで日数はそれほどかからなかった、また、すぐあと最終職をするものの仕事が合わず退職・・・。

 

そのあと農協のアルバイトに1か月ほど出たり、フリーペパーの求人に応募して採用になって、働きに出るも15日ほどで退職、よる支払いのこともあって夜アルバイトにも出ていたこともあって、寝坊遅刻を繰り返してしまったことが原因でもあった、夜のアルバイトを11月末まで続けて、再就職が決まって働きに出たものの、一人50歳くらいの従業員に変な目で睨まれたり、変な態度をとられていたりと、ある時トラブル怒鳴りつけてその日で退職、日数は13日ほど出た

 

年明けて、派遣にで働きにでるも派遣先が辞めた仕事場の直ぐ近くでもあってあ、あまりやる気になれず1か月ほどで辞めてしまったり、3月に仕事が決まって15日出て辞めてしまう結果を招いて、今年の5月1日まで仕事を転々とする羽目になってしまった。

 

その間に何とか家賃などの支払いは親の協力と働いていたこともあったので支払いを行ったり、私物を売ったりして難を逃れたところもあるが、借金も加算現在100万ほどしているが最終職、辞めを繰り返した結果、今現在支払いが出来ず、滞納してしまっている事態に・・・。

 

何度も仕事を辞めている精か、それぞれ電話を入れることが全て言い訳じみて電話をいれる気になれないほど、まともに食事もとれずいながら働いてはいる

 

ただ、なぜどうしてこんなにも自分を追い詰める結果を招いたのか、20代ごろの自分中々うまく働きだせなかったこと、6年間務めた仕事に対して、辞めたことに対する責任を引きずっていたこともあったりと、自信もなければ焦りと不安が重なって上手く働きだすことが出来なくなってしまった。

 

6年間務めた仕事を辞めたのは、度重なる徹夜残業が相次いだり、その会社の従業員が一つの機械を表せないでほったらかしにさせて、帰っていったこと・・・その日休みで翌日、仕事に出て洗っていない機械を自分が洗って作業を開始したあとに、頭にきたことでパート契約せず突然いかなくなって辞めてしまったこと・・・。

 

突然退職をどこか責任を感じて気にしてしまったことなど、いろいろと精神不安を感じていたこともあって仕事がどれもうまくいかない結果を招いてしまった、親にはさんざん金を出してもらっている中で、仕事を辞めて隠したまま今いる、働いてはいるものの今は親に滞納のことは話せずにいます。

 

親に金を出してもらうことが、また逆に甘えているように感じたり、時にはパチンコで出してまた、パチンコなんてやってとられてしまったりと、自分が今、ものすごくみっともない状況へと自らを導いてしまった、今でもまた辞めてしまいそうな自分が心の中にいて、そんな自分が不安でいるような感じです・・・。

 

真逆に親に話さず、滞納している今の状況を親やギャンブルなどに頼らず自力で乗り越えようと思ってもいるところです、今の仕事は多分大丈夫だと思いますがそれでも自信のないことで、いつまで働いているんだろうかやっぱり不安です。

 

それでもいつまでも不安を言ってて止まっているより、1か月でも2か月でも我慢して、耐えて働こうと思ってはいます、誰かに助けてもらおう、ギャンブルに頼ろうとするところもまたよくなかったし、変に自分に対して素直になれなかったこと不安に負けていたことなどいろんなことを考えていた1年間、追い詰められて開き直りもあるみたいで、気持ちの方は仕事に対して不安はなく働きに出ていますが、また、どうなることやら・・・。自分がわかりません。

 

取敢えず今は・・・。

 

コメントください

コメント: 1
  • #1

    (火曜日, 15 5月 2018 23:13)

ヘアフォーライフSEED